医療脱毛は正直コストがかかる@だから自分で脱毛する方法を探したい!

MENU

毛抜きの脱毛法について

腕毛やスネ毛などのムダ毛を処理する方法は色々あります。
今回はそんな数ある処理方法の中でも、もっともポピュラーである毛抜きの脱毛法について?明します。

毛抜きとは文字通り毛を抜くことでムダ毛を処理する脱毛方法になります。
極論を言えば、ムダ毛処理は毛がなくなれば良いわけですし、それならワイルドに無駄な毛を抜き取ってしまえば良いということになります。

実際、毛抜きをすると毛根ごと毛を引っこ抜くことになるため、綺麗にムダ毛を処理することができますし、毛根がなくなるためなかなか再生することもないという利点があり、脱毛方法として悪くないと言えます。

何よりも、やろうと思えば何の道具もなく素手で実行できる気軽さが利点です。
道具を使うにしても、100円ショップなどで安く購入できるものが多いため、コストパフォーマンスが非常に良いというメリットは変わりません。

ただし、毛抜きはメリットが多い反面、デメリットも目立つ方法です。ではどういうデメリットがあるのかというと、単純に肌に悪いということです。
何せ無理やり毛を引っこ抜くため、肌に対する刺激が強く、それが原因で様々な障害が発生する可能性が高いです。

ニキビや炎症などの発生率は非常に高いですし、場合によっては血が出ることもあるかもしれません。
また、無理やり毛を引っこ抜くことにより、毛を生みだす細胞である毛母細胞にも悪影響を与え、次に生えてくるムダ毛に変な影響が現れることもあるのです。

脱毛クリームの脱毛法について

科学技術の発達は著しく、今の世の中には一昔前には想像もつかないような技術がたくさんあります。
ともあれ、そういった高い技術力は?日を便利にするために還元されているため、むしろ歓迎すべきことであると言えます。

実際、そんな高い技術力により、ムダ毛処理も色々と発展してきています。
昔はムダ毛を処理したいのであれば、毛根ごと無理やり引っこ抜くか、あるいはカミソリなどを使って切断するぐらいのやり方しかありませんでした。

そしてそういったやり方は、確かにそれなりの脱毛効果はありますが、それでも綺麗に脱毛しきるには物足りないものであり、また他にも痛みが伴ったりなど、デメリットも目立つものでした。

ですが、最近は技術力の発達により、より便利な脱毛法が編み出されているため、より効果的かつ効率的に脱毛をすることが可能となっています。
たとえば、脱毛クリームを利用すると、非常に効率的に脱毛することが可能です。

脱毛クリームとは、文字通り脱毛効果のあるクリーム状の薬剤のことになります。
そんな脱毛クリームをムダ毛が気になる箇所に塗ると、脱毛効果が発揮され、自然とムダ毛が抜けていくことになるのです。

クリームを塗るだけで脱毛できるのだから、その利便性は極めて高く、痛みも少ないため毛抜きよりもやりやすい方法だと言えます。

問題点としては、薬剤なので刺激物であり、肌に対して悪影響を与える可能性があることや、においが気になることがあるという点があげられます。
また、1回や2回塗った程度ではあまり効果がないため、何度も使い続ける必要があるなどの問題もあります。

ともあれ、脱毛を効率的かつ効果的に行える方法なため、脱毛を目指すなら一度試す価値はあると言えるでしょう。

脱毛ワックスの脱毛法について

ワックスと言われると、多くの人は髪に塗るヘアワックスか、あるいは床掃除のための床ワックスを思い浮かべると思います。
実際、ヘアワックスも床ワックスも、どっちも実用性が高く、必要な人にとってはとっても便利な品であるため、イメージがその2つに固定されることも当然であると言えるでしょう。

ともあれ、実はそんなワックスですが、脱毛のために使う商品も存在します。

いわゆる脱毛ワックスと呼ばれる商品であり、脱毛ワックスシートと組み合わせて使われる脱毛グッズが存在しているため、ワックスは何もヘアワックスや床ワックスだけではないのです。

はたして、そんな脱毛ワックスとはどんな脱毛方法なのかというと、簡単に言えばワックスをムダ毛がある箇所に塗って、その上に脱毛ワックスシートを貼り、粘着力でシートを剥がす際にムダ毛も抜き取ってしまうという脱毛方法になります。


たとえるなら、毛抜きの方法の1つにガムテープを肌に貼って、テープの粘着力で毛を抜くという方法がありますが、それをより丁寧かつ効果的にした方法なのです。
気軽にできるのが利点であり、毛抜きや脱毛クリームと組み合わせれば、なかなか効果的な方法となります。

ただし、テープの粘着力に頼る方法なため、どうしても抜ききれないムダ毛が生まれてしまいますし、また肌に対する刺激も強いために肌に悪影響が生じる可能性がある問題点があります。
言っては何ですが、脱毛効果はかなり低い脱毛方法なので、実行するのであればそのことを念頭に置いておくと良いです。